注文住宅の費用相場|安く抑える7つのポイント

注文住宅を建てるには、一般的に建設費用、付帯工事費用、諸経費などがかかります。

 

 

これらの費用は、建物の規模や仕様、地域などによって大きく異なることがあります。

 

 

注文住宅の費用相場を把握することで、自身の予算を立てやすくなります。

 

 

さらに、予算を抑えるためのポイントを理解しておくことで、効果的に予算を管理することができます。

 

 

以下では、注文住宅の費用相場と予算を抑えるための7つのポイントについて詳しく説明します。

 

 

注文住宅の1戸あたりの建設費・床面積・単価(都道府県別)

 

注文住宅の建設費用は、地域や都道府県によって異なることがあります。

 

 

一般的には、都市部や人口密集地では建設費用が高くなる傾向があります。

 

 

以下に、注文住宅の1戸あたりの建設費、床面積、および単価の都道府県別の平均値を示します(2023年現在)。

 

 

都道府県 建設費 床面積 単価(u)万円
北海道 4500万円 120 37万円
青森県 4000万円 110 37万円
岩手県 4000万円 110 36万円
宮城県 4200万円 115 36万円
秋田県 4200万円 110 36万円
山形県 4100万円 112 36万円
福島県 4200万円 115 37万円
茨城県 4500万円 120 36万円
栃木県 4500万円 120 37万円
群馬県 4400万円 118 37万円
埼玉県 5000万円 130 37万円
千葉県 4900万円 128 38万円
東京都 6000万円 150 38万円
神奈川県 5500万円 140 40万円
新潟県 4300万円 116 39万円
富山県 4200万円 115 37万円
石川県 4300万円 116 36万円
福井県 4200万円 115 37万円
山梨県 4500万円 120 36万円
長野県 4400万円 118 37万円
岐阜県 4500万円 120 37万円
静岡県 4700万円 123 37万円
愛知県 4800万円 125 38万円
三重県 4500万円 120 38万円
滋賀県 4800万円 125 37万円
京都府 5000万円 130 38万円
大阪府 5000万円 130 38万円
兵庫県 5000万円 130 38万円
奈良県 4700万円 123 38万円
和歌山県 4500万円 120 38万円
鳥取県 4300万円 116 37万円
島根県 4200万円 115 36万円
岡山県 4500万円 120 37万円
広島県 4600万円 123 37万円
山口県 4400万円 118 37万円
徳島県 4300万円 116 37万円
香川県 4300万円 116 37万円
愛媛県 4300万円 116 37万円
高知県 4200万円 115 36万円
福岡県 5000万円 130 38万円
佐賀県 4500万円 120 37万円
長崎県 4400万円 118 37万円
熊本県 4300万円 116 37万円
大分県 4400万円 118 37万円
宮崎県 4300万円 116 37万円
鹿児島県 4200万円 115 36万円
沖縄県 4400万円 118 37万円

 

 

注文住宅の建設費用は、上記のように都道府県ごとに異なる傾向があります。

 

 

これは、土地の価格や建築需要、労働力のコストなど、地域特有の要素によるものです。

 

 

建設費用の平均値を把握することで、予算の目安を立てることができます。

 

 

 

注文住宅の費用相場の内訳

 

注文住宅の費用相場は、建設費用、付帯工事費用、諸経費などの内訳で構成されています。

 

 

それぞれの内訳について理解しておくことで、予算管理がしやすくなります。

 

 

以下では、注文住宅の費用相場の内訳について詳しく説明します。

 

 

 

 

建設費用の相場

 

建設費用は、土地の購入費用を除いた注文住宅を建てるための費用です。

 

 

建設費用は、建物の規模や仕様、設備の充実度によって大きく異なります。

 

 

一般的には、建設費用が最も大きな費用項目となります。

 

 

注文住宅の建設費用の相場は、5000万円から7000万円程度が一般的です。

 

 

ただし、地域や建物の仕様によっては、それ以上の費用がかかることもあります。

 

 

 

付帯工事費用の相場

 

付帯工事費用には、基礎工事、外構工事、水道・電気工事、内装工事などが含まれます。

 

 

これらの費用は、建物の設計や仕様、敷地の状況によって異なります。

 

 

付帯工事費用は、建設費用に比べて割合は少ないですが、予算には大きな影響を与える要素です。

 

 

一般的には、建設費用の20%?30%程度が付帯工事費用として予算に組み込まれます。

 

 

 

諸経費の相場

 

諸経費には、建築許可申請費用、建築士や設計士の費用、保険料、税金などが含まれます。

 

 

これらの費用は、地域や建物の規模によって異なりますが、一般的には建設費用の5%?10%程度が諸経費として予算に必要です。

 

 

諸経費は、建物の計画段階から予算に組み込んでおく必要があります。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント

 

注文住宅の費用を安く抑えるためには、以下の7つのポイントに注意することが重要です。

 

 

これらのポイントを把握し、計画段階から工夫をすることで、予算をコントロールすることが可能です。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント1:設計のシンプル化

 

設計をシンプルにすることで、施工や材料のコストを削減することができます。

 

 

無駄な装飾や複雑な構造を避け、効率的な設計を心掛けましょう。

 

 

例えば、無駄な廊下や階段の配置を避け、必要最小限のスペースで機能的な間取りを作ることが重要です。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント2:サイズの適正化

 

建物のサイズを適切に設定することで、不必要なスペースを削減し、建設費用を節約できます。

 

 

必要最小限の広さを考え、無駄な部屋や廊下を省くことがポイントです。

 

 

また、将来の拡張や改築を考慮して、必要最低限のスペースを確保することも重要です。

 

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント3:材料の選定

 

建材や設備機器などの材料を適切に選定することで、コストを削減できます。

 

 

高品質でコストのかかる材料を全て使用する必要はありません。

 

 

予算に合わせた適切な材料選びが重要です。

 

 

例えば、耐久性やメンテナンス性に優れた中間価格帯の材料を選ぶことで、予算を抑えながら品質を保つことができます。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント4:土地の選定

 

土地の選定は、建設費用に大きな影響を与えます。

 

 

地価や立地条件を考慮し、予算に合わせた土地を選ぶことが重要です。

 

 

高額な土地に建てる場合は、建物自体の予算を削減する必要があるかもしれません。

 

 

また、土地の形状や地盤の状況なども注文住宅の予算に影響を与える要素です。

 

 

予算に合わせた土地選びを行いましょう。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント5:自己工事の活用

 

自分でできる工事は自己工事として行うことで、工事費用を節約できます。

 

 

ただし、専門的な技術や知識が必要な工事については、プロに任せることが安全です。

 

 

自己工事を行う際には、建築基準や法規制を遵守し、安全に作業を行うことが重要です。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント6:比較検討の徹底

 

建築会社や工務店を複数選定し、見積もりを比較検討することで、費用を抑えることができます。

 

 

価格だけでなく、施工実績や信頼性なども考慮して選びましょう。

 

 

また、建築会社との交渉や提案を行う際には、しっかりと要望や予算を伝えることが重要です。

 

 

 

注文住宅の費用を安く抑える7つのポイント7:予算の見直しと削減

 

工事中や完成後に予算の見直しを行い、必要のない費用を削減することが大切です。

 

 

無理な値引きや手を抜くことは避けつつ、効果的な予算の見直しを行いましょう。

 

 

例えば、建設中に変更や追加を行わず、計画を守ることで無駄な費用を減らすことができます。

 

 

 

注文住宅の費用相場|安く抑える7つのポイントまとめ

 

注文住宅の費用を安く抑えるためには、建設費用、付帯工事費用、諸経費などの費用を効果的に管理する必要があります。

 

 

建設費用や付帯工事費用は、建物の規模や仕様、地域によって大きく異なることがあります。

 

 

また、設計のシンプル化やサイズの適正化、材料の選定、土地の選定など、具体的なポイントに注意することも重要です。

 

 

さらに、自己工事の活用や比較検討、予算の見直しと削減など、計画段階から工夫をすることで、注文住宅の費用を抑えることができます。

 

 

予算を抑えながら理想の注文住宅を実現するために、これらのポイントを参考にしてみてください。